年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

読書感想

【読書感想】生き残るSE

著者 篠田 庸介 内容 「技術バカ」に未来はない。 「技術オタク」は採用するな。 「屋台を引けないSE」は失業する。 SEは「プロフィット管理」で追い込め。 仕事に「ブラックボックス」はいらない。 組織の作り方は「海兵隊」に学べ。 注目のITベンチャー創…

【読者感想】なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

著者 山口揚平 内容 お金とは何か?権力? 資本主義の偏差値? 社会の議決権? 怠惰の原因であり、搾取の結果? 可能性の原因であり、貢献の結果? いずれにしろ、お金は笑顔や感謝の言葉と同じ、コミュニケーションツールのひとつでしかない。 今後、僕たち…

【読書感想】敗者のゲーム

著者 チャールズ・エリス 内容 投資で成功するというのは、難しい証券分析などの専門知識や経験を身につけることではなく、 ましてや短期的に市場を出し抜こうとすることでもない。 市場平均利回りを上回る(=市場に勝つ)ことがきわめて難しくなった今、 最も…

【読書感想】投資信託は、この9本から選びなさい

著者 中野晴啓 内容 20年以上業界で活躍する長期投資のプロが明かす、後悔しない正しい投信の選び方。 3376本もある投信で資産づくりに向いている条件、「低コスト」「世界へ分散」「自動積立OK」「運用期間が無期限」といったことを満たすものはたった9本し…

【読書感想】クジラの彼

著者 有川 浩 内容 『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。 聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。 そんなクジラの彼とのレンアイには、い…

【読書感想】下町ロケット

著者 池井戸 潤 内容 研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。 圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作…

【読書感想】円高の正体

著者 安達誠司 内容 現在、日本は深刻な円高状態が続いています。長引く不況、逼迫する財政状況に加えて東日本大震災の影響----。 今の日本にはあまり好材料が見当たらないというのに、ドルが売られ、円が買われる、という状況が続いているのです。なぜ、こ…

【読書感想】米国製エリートは本当にすごいのか?

著者 佐々木紀彦 内容 スタンフォードで見たエリートたちの真実 サンデル教授が大人気の日本。米国留学ブームに沸く中国・韓国。 世界中で、ハーバード、スタンフォードなどトップ大学への需要が爆発している。 だが、われわれは米国のエリート教育とエリー…

【読書感想】相対性理論を楽しむ本

著者 佐藤 勝彦 内容 「相対論を楽しむ本」というタイトルは本書の内容を言い当てて妙である。相対性理論とは1人の物理学者の日常的な現象についての素朴で純粋な問題意識と単純な思考の積み上げによるものである。相対性理論は難解であり「道具」を知らない…

【読書感想】世界でいちばん石器時代に近い国パプアニューギニア

著者 山口 由美 あらすじ 日本から飛行機で約6時間半、オーストラリアの少し北に位置するパプアニューギニアでは、現代人が想像もできない世界が繰り広げられている。 たとえば黒魔術。2013年には20歳の若い母親が裸にされて火をつけられる「魔女焼き殺し事…

【読書感想】ラッキーをつかみ取る技術

著者 小杉 俊哉 あらすじ 偶然を必然に変えるアプローチありのままの自分を出す嫌なことをしない絶対にあきらめない…… 私は、二つの会社の人事の責任者として千人以上の人と面接をしてきました。また、独立後も七年間、多くのベンチャー経営者に会い、ベンチ…

【読書感想】歴史の見方がわかる世界史入門

著者 福村 国春 内容 ヨーロッパの近現代史を学びながら、歴史を読み解く視点も身につく。さらに臨場感あふれる解説で歴史の決定的瞬間も実感できる一冊! 感想 参考書的な要素だけでなく、筆者の意見、歴史の見方が色濃い内容でした。 現在はアメリカ・中国…

【読書感想】いっきにわかる新選組

著者 山村 竜也 内容 幕末という激動の時代に、京都に誕生した新選組。近藤勇、土方歳三、沖田総司、永倉新八、斎藤一といった若き剣客たちが、剣一本に賭けて生きた。滅びゆく幕府を身を挺してささえ、武士としての節義を貫いた彼らの生き様に共感し、憧れ…

【読書感想】眠れなくなる宇宙のはなし

著者 佐藤 勝彦 内容 学生の頃、仲間と星空をながめて語り合った宇宙のこと……。あのロマンを、本を通して伝えられないか。この本はそんな思いで作られました。古代から現代にいたる宇宙観の変遷を、長崎訓子さんの味わい深いイラストを添えて、物語のように…

【読書感想】ゾウの時間 ネズミの時間

著者 本川 達雄 内容 動物のサイズが違うと機敏さが違い、寿命が違い、総じて時間の流れる速さが違ってくる。行動圏も生息密度も、サイズと一定の関係がある。ところが一生の間に心臓が打つ総数や体重あたりの総エネルギー使用量は、サイズによらず同じなの…

【読書感想】AIの衝撃

著者 小林 雅一 内容 脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す! 自動運転車、ドローン、ロボット兵器、雇用・産業構造、医療・介護、芸術……。「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットは、人間社会をどのように変えるのか。はたして、…