年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

【読書感想】敗者のゲーム

f:id:Akira1227:20170805154249j:plain

 

著者

チャールズ・エリス

 

内容

投資で成功するというのは、難しい証券分析などの専門知識や経験を身につけることではなく、

ましてや短期的に市場を出し抜こうとすることでもない。

市場平均利回りを上回る(=市場に勝つ)ことがきわめて難しくなった今、

最も簡単かつ結果の出る方法は、インデックス・ファンドを活用することである。

全米累計100万部を超えるロングセラーの最新版。

プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。

 

感想

「勝者のゲーム」とは勝つための行動が勝敗を左右するゲームであり、

「敗者のゲーム」とはミスに勝敗が左右されるゲームです。

 

これをテニスのゲーム等に例えて、とても分かりやすかったです。

 

それでもって、株式投資で勝つには、「敗者のゲーム」ですることを意味していて、「インデックス投資×ドルコスト平均法」ということが提案されています。

 

最後まで読んで投資方法の議論については、まるで新手の振興宗教のように感じました。

 

・長期投資×インデックス投資×ドルコスト平均法

・長期投資×個別のバリュー株(安値の成長性株に投資)×一括投資

 

などなど、投資法は無限にあるように思います。

 

こちらの本の投資法がマッチする方もいると思いますが、

現時点の私には少し違うように思いました。

 

また、著者の考えは日本株のことを言っていなく、アメリカ株を買うには為替リスクもあるため、本書の内容は当てはまらないことも多々あります。

 

それでも「敗者のゲーム」というミスをしないものが勝つという

ことは間違ってはいませんし、こういう投資法があることと、

メリットを知れたことは読んで良かったと思います。

 

これから、株式投資を始める人や、株式投資が気になる人は読むべきなように思います。それぐらい、株式投資って厳しいってことなんです。

 

お金は増やしたい、でも減らしたくっていうローリスク・ローリターンでも良いから、銀行預金だけでなく、資産運用したい人は良いと思う。

もちろん、デイトレードを始める人もこういうリスクがあるんだって知る必要があるように思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。