年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

【映画感想】ソーシャル・ネットワーク

f:id:Akira1227:20170815182033j:plain

 

あらすじ

2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。

サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。

 

感想

フェイスブックの誕生の秘話を映画にした作品。

だと思ったのですが、どうやら少し違ったようです。

 

ザッカーバーグには直接インタビューはしていなく、facebook共同ファウンダーであり初代CFOエドゥアルド・サベリンの視点から描かれた作品です。

 

そのため、正確なようで正確ではない、映画ならではの誇張した表現もあるよう感じました。

まあ、そうでないと映画にならないですよね。

 

映画の最後で、元恋人にザッカーバーグが友達申請を送り、更新ボタンを押すところは印象に残っていて、これがフェイスブックを作った原動力だそうです。

それまでのストーリー展開では、主人公のザッカーバーグは、かなりの変人っていうイメージだったけど、最後の最後でコロッと見方が変わりました。

  

あと、主人公のザッカーバーグ早口過ぎて、映画を見たあとは、かなり疲れました。

 

kakiokosi.com

また、ザッカーバーグ本人がこの映画を見た感想の記事がありました。

興味を持ったのでさらりと読んでみたけど、ザッカーバーグについてもっと詳しく知りくなりました。

 

下記は、この記事中で言っていた引用。

「お金儲けではなく、フェイスブックをもっと色々な人に知ってほしい」

 

エンジニアの鏡だと思う。

こういう人が日本からも現れてほしいし、自分もそうなりたい。

 

こういう人物系の映画って見たことがなかったので、新鮮に感じました。

確か、スティーブ・ジョブズのもあったと思うし、あれもいつか見てみたくなりました。