年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

【映画感想】白雪姫殺人事件

f:id:Akira1227:20170812221548j:plain

 

あらすじ

人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。

殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。

テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。

典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。

 

感想

こんな内容の物語だとは思わなかった。 

 

というのも、DVDの裏側を読んで、まさか井上真央城野美姫役)が地味なOLの役と思わなかった。

井上真央さんって、とても美人なのに地味なOLという役ができるってすごい。

いつも同じような役柄をしている人もいるけど、井上真央さんは、「女優さんだな。」と感心した。

 

もちろん、今では売れっ子の菜々緒さんも「いじわるな美人OL」ってのがあっていて、怖い。

 

綾野剛さんも「クズな派遣マスコミサラリーマン」を演じていて、クズさ加減がすごい。Twitterにどんどん投稿していく当たりなんかは、頭悪くて、視聴者をイライラさせてくる。

でも、こういうSNSを絡めてくるのは、新しくも感じたりもする。

 

とにかく、配役は完璧だと思います。

それに、話の進み方は完璧で、監督である中村 義洋さんがすごい。

調べてみると「ゴールデンスランバー」「フィッシュストーリー」など、伊坂幸太郎さんの作品が多いみたいですね。

 

ただ、犯人になった「あの人」の犯行理由が納得いかない。

これは、映画の問題というよりは、湊かなえさん原作の問題だと思う。

 

配役がよくて、序盤も中盤も良かっただけに、結末があんまり好きじゃないのが残念でした。