年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

【読書感想】流星ワゴン

f:id:Akira1227:20170902210735j:plain

 

著者

重松 清

 

あらすじ

38歳、秋。

ある日、僕と同い歳の父親に出逢った――。

僕らは、友達になれるだろうか?

 

死んじゃってもいいかなあ、もう……。

38歳・秋。

その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。

そして――自分と同い歳の父親に出逢った。

時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。

やり直しは、叶えられるのか――?

 

本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

 

感想

家族の絆を描いたストーリー。

 

著者は重松 清です。

 

流星ワゴンという作品は、ドラマ化もしている人気作品です。

 

ドラマのほうは人気があまりないみたいで、気にはなるんだけど、あまり評判がよくないみたいですね。

でもドラマ、気になるし見るか迷う。

 

この作品、登場人物に感情移入してしまうのはもちろん、感動は必ずする作品といっても過言ではありません。

それに読みやすいですね。

 

重松清さんの作品って初めて読んだんだけど、一つ一つの言葉選びが優しいんですかね。なんかこうほっこりしました。

 

物語は、主人公と主人公の父親との話や家族とのヒューマンドラマです。

 

また、読み終わった後の気持ち良さもとても良く、本当にすばらしい作品に出会えたと思いました。

読んだ後に、「あー、良かった。」というすっきりする気持ちになれる作品って、思い返した時にもう一度読みたいと思いますよね。

 

読んでから、あまり時間が経っていないのに、もうなってます(笑) 

 

 

スポンサーリンク