年収300万SEの備忘録

プログラミング、読書、映画、旅行などなど・・・仕事からプライベートまでぶっちゃけます!!

【映画感想】ウォール街

f:id:Akira1227:20170902211940j:plain

 

キャスト

マイケル・ダグラス チャーリー・シーン ほか

 

あらすじ

一攫千金を夢見る若き証券マン、バド(C・シーン)は、業界のフィクサー的存在である大富豪ゲッコー(M・ダグラス)に取り入ろうと必死だった。 父(M・シーン)の勤める航空会社の情報を流したことによって、その夢はかなえられ、バド自身も大金を手にするが……。 O・ストーンが、策謀渦巻く証券業界を舞台にしたサスペンス・ドラマ。

 

感想

1987年のオールド映画。

古い映画なんだけど、名作映画過ぎて今でも楽しむことができます。

 

一攫千金に得るために、インサイダー取引をする若き証券マンのお話です。

 

マイケル・ダグラスチャーリー・シーンが共演しています。

特に、マイケル・ダグラスの演技はとても迫力があって、必ず映画に飲めりこむでしょう。私はのめりこみました。

 

この頃のマイケル・ダグラスチャーリー・シーンってどのくらいの俳優のポジションだったんですかね。

ちょうど、この映画が上映したころが私の生まれ年ってこともあって感慨深いんだけど、どうだったんだろう。

 

ウォール街って作品は、アカデミー賞を取っていて、人気があったってのは分かるんだけど、それはアメリカでの話であって、日本ではどうだったんだろうとか。

 

なんにしても、これだけ昔の映画なのに今でも楽しめることってすごい。

 

それだけ、名作で、中身が優れているからなんだと思う。

時代を超えて楽しめるエンターテイメントってなかなか出来るもんじゃないですよね。

 

あと、これだけ楽しめたのは、自分が株式投資をしているのもあるのかな?

 

続編も出ているみたいなんで、一人でしっぽりと見てみようかな。

 

[DVD]

[Blu-ray]

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク